ユーザー車検で交付を受けた「検査標章」が変だ

平成22年2月22日に新規登録した我が愛車。
今年も経費節減の為にユーザー車検にGO!

本日、滋賀陸運支局に向かいました。
2回目なので手続きも慣れたもの。
画像


陸運支局庁舎2番窓口で手続用紙一式を受け取り。
自動車会館14番窓口で検査手数料と重量税を支払い。

点検記録簿と自賠責はあらかじめ準備済み。
用紙に必要事項を記載して…あっ、印鑑忘れた。

自動車会館9番窓口で印鑑を200円で購入。
金と時間を浪費して2番窓口に書類を提出。

0番レーンに行くとデコトラが一番乗りを果たしていた。
速度計検査にブレーキ検査、ここまでは順調。
画像
光軸検査は、前回は大丈夫だったので大丈夫な筈。
…2回検査したが結果は無情にも「×」の判定。

「自動車検査票1」に×の印を押された。
その後の排気ガス、灯火等はすべて合格。
画像


光軸の調整方法は判っているがテスターが無い。
当日の再検査は2回までだが勘頼りでは心もとない。

結局近くのレッドバロンで光軸調整を依頼。
またもやここで1400円+消費税と時間を浪費。

調整後に再び0番レーンで検査を受けなおし。
悔しいが最後はプロの手により検査に合格。

陸運支局庁舎3番窓口で書類を提出。
新しい車検証と検査標章の交付を受けた。
画像


え”? 検査標章のサイズが大きいしデザインも違う…。
道路運送車両法施行規則等が一部改正されたらしい。

改正規則は平成29年1月1日に施行されたばかり。
知らないのも無理はない。

この新型検査標章は一回り大きくなっているが…
上に貼る「透明シール」は標章よりも小さい…

こんなのカバーにならへんやん。
不細工なのでアクリルテープでカバーを自作。
画像


標章の表面全体をカバーしてナンバーに貼り付け。
何とか左上の余地ぎりぎりに収まりました。
画像


前回の車検から2000キロほどしか走っていない。
今回は楽勝だと思っていたのがまずかった。

日頃からの整備点検が大切だと感じた半日でした。

この記事へのコメント

CB750
2017年03月08日 23:40
私も3月7日に車検通してきました。
保護シールが小さいのは噂で聞いていたので検査標章の数字が残るよう余白を切って小さくしました。

規則上は違反なのでしょうが、パトカーも自賠責証書を携帯すれば切符を切らないと思っています。

在庫の証票が無くなるまで強引にこのまま配布するのか
大きなサイズの透明シートを配布するのか木になるところですね。
2017年03月16日 07:24
CB750さん
初めまして。そして返事がおくれてすみません。
透明シートは以前の物に比べ、わざわざ小さくされており、これからもずっとあのままの大きさでいく様です。
後から印刷された有効期限さえ保護されれば良いとの考えでしょう。
バイク乗りはこだわりが強い人が多いので、改善してもらうべきだと思います。

マッツゴ
2017年05月14日 10:22
初めまして。検索でこちらに辿り着きました。
先日ユーザー車検の時に、受付で小さい透明シールについて
「端がはみ出るけど雨とか大丈夫なんですか?」
と聞いてみたら、
「シール側に防水加工しているから問題ない」
と無表情で回答が返ってきました。
そんなにすばらしい防水加工なら透明シールいらないじゃんと思いながら帰ってきました・・・。
2017年05月14日 18:45
初めましてマッツゴさん。
おっしゃるとおりです。
それなら透明シールは要らない筈ですよね。
防水加工はされているが油に弱いとか…
私はナンバープレートにもワックスがけするので例え薄い色の印刷でも剥げると困ります。
名古屋の4輪乗り
2019年08月10日 15:07
フロントガラス用とナンバー用を同じ標章台紙で作るからこうなります。
バイク用と4輪用を分けて作ればバイク用の透明シールを大きく出来る。
最初から貼り合わせておけば、面倒で判りにくい作業をしなくて済みます。
作る側が1種類で済まそうとするから何百万という人たちが余分な手間を掛けることになります。

巨尺
2019年08月11日 16:27
まったくおっしゃる通り。
透明のシールは「印刷部分(文字)を保護するため」らしいです。
でも、私としては「フルカバー」にしてもらいたいです。
名古屋の4輪乗り
2019年08月12日 15:27
4輪の標章貼りで迷いました。 裏側の説明は小さくて解りにくい。
政治家の尻を叩いて国交省-陸運局を動かすか?
ディーラーでは全くその気が無い。個人ではそんな力も時間も無いので諦めるしか有りません。 残念。
巨尺
2019年08月17日 17:34

>名古屋の4輪乗りさん

6年ほど前の標章に戻してくれればいいんですけどね。法律に基づく規則や細則に決まっていので、なかなか難しいでしょうね。

この記事へのトラックバック